ブログトップ

青い海と空を追いかけて。

view2015.exblog.jp

20160805長崎大村湾(その2)。 

6日の広島に引き続き、本日9日は長崎。
この大村湾も当時の惨劇を見ていたのでしょうか。
平和・・・この時期になると、特に重みを感じます。

ところで、2016年8月@長崎大村湾。
”大村湾”は、大要、もともと盆地だったところに約9000年前に海水が入り込んでできたらしい(Wikipedeaより)。
時々潜る鹿児島の”錦江湾”は、「鹿児島湾は、新生代(今から6500万年前~現在)の第3紀末から第4紀にかけて霧島、桜島、開聞岳等が長期にわたって噴火。姶良、阿多の両カルデラとその中間部に広大な陥没地を形成し、ここに海水が浸入して出来ました。」(錦江湾倶楽部HPより引用(http://www.kinkouwan.com/kinkouwan/)。
閉鎖的環境という意味では似ていますね。
ナベカ@水深1~1.5m。
太陽光が強くて見ている分にはきれいですが、写真を撮るのは難しいですね。
c0368903_10232516.jpg
背伸びしてくれました~(笑)。
c0368903_10231340.jpg
タケノコメバル。
タケノコのようなボディの模様や旬の時期がタケノコの旬と重なることからこの名前が付いたそうですよ。
c0368903_10233880.jpg


NEX5N(30mmマクロ)


by Bobsuperbview | 2016-08-09 06:06 | ダイビング | Comments(0)
<< 20160805長崎大村湾(そ... 20160805長崎大村湾(そ... >>