<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

080831坊津(見上げてみると・・・)

先ほどは、イセエビをご覧いただきました。




今回は、透明度もよく、いつもにも増して、ふわ~っと浮いているのが、気持ちがいい。


おまけに、ポイントに着いて、海を覗き込むと、根の上やその下まで見えている。




ふわ~っと浮いている感じ。安全停止中も遊びたくなる。


今度は、見上げてみた。上を向いて、泡を吐く。そして、手あたりしだいにデジカメのシャッターを押す。この作業をしてみた。


これが、、、結構楽しい。




このような写真でも褒めてくれる方がいらした。これまた、うれしい。人間、ほめられると成長する「場合も」ありますよね。




乗じて、これまた、だらだら写真を・・・すいません。




でも、自己満足の世界でもありますから。。。




では。



c0368903_07460472.jpg

c0368903_07460463.jpg




c0368903_07460416.jpg

c0368903_07460482.jpg




c0368903_07460427.jpg

c0368903_07460481.jpg



c0368903_07460536.jpg

c0368903_07460578.jpg




c0368903_07460524.jpg












by Bobsuperbview | 2008-08-31 23:58 | ダイビング | Comments(0)

080831坊津(イセエビ連写)

8月最後の日、本日も、海に行ってきました。


最近の傾向として、日曜日は天気が良くなるようです。




今日は、波もなく、透明度も15~20m。素晴らしい海でした。感謝したいです。




ちょっと、しつこく、イセエビを撮影してみました。イセエビを撮影していたのですが、上のカニらしきやつも気になる。赤いやつも気になる。エビとカニと赤いやつの同居!?


だらだらと写真を載せますが、自己満足の世界ということでご勘弁を。




同行のダイバーが発見。イセエビだ!ガンガゼ要注意!!!


c0368903_07460568.jpg



ちょっと近づいてみる。

c0368903_07460573.jpg



あるいは、フォーカス!赤いやつもいる。

c0368903_07460541.jpg



はっきりと、ハサミが・・・カニか・・・???

c0368903_07460682.jpg



カニだろう。おそらく。でもなんだろう。

c0368903_07460633.jpg




by Bobsuperbview | 2008-08-31 23:43 | ダイビング | Comments(0)

080831夕暮れ前の風景

8月最終日。
夕暮れ前のひとときです。
c0368903_07460679.jpg



by Bobsuperbview | 2008-08-31 18:27 | 日々徒然 | Comments(2)

今日は、雨。

おはようございます。




雨が降ってますね。関東でも豪雨、九州は鹿児島でも豪雨だったと聞いています。


みなさまの地域はいかがでしょうか。




明日は、また、海に行く予定です。雨はまぁ許容できますが、風や雷にはご遠慮願いたいものです。できれば雨も・・・。




http://www.tenki.jp/rdr/r2187_1.html


by Bobsuperbview | 2008-08-30 09:17 | 日々徒然 | Comments(0)

都城(みやこのじょう)って・・・


おもしろいところを通りかかりました。「県庁」?なんで、県庁跡がこんなところいあるんだ???



c0368903_07460721.jpg



c0368903_07460773.jpg



『都城』っていったいどんなところなんだろう?ちょっと、調べてみました。「へぇ~」という感じです。




東国原知事の出身地。




都城は、宮崎と鹿児島の県境にる大きな街です。地形は盆地。360°山に囲まれているのがはっきりわかります。




街の歴史的なことを少し・・・。




遠くは、平安時代末期に、「島津荘」という荘園というところから、島津家の歴史は始まったようですね。




そして、室町時代から島津家分家の北郷(「ほんごう」と読むそうです)氏が治める。




その後、江戸時代も薩摩藩の私領(一族功臣の自治領)の1つとして北郷氏(都城島津氏)が引き続き治め、北郷氏の領地は4万石弱に及び私領の中でも広大であったそうです。






それから、戊辰戦争後の藩政改革で本藩直轄領となり、1869年から1871年の廃藩置県で、「都城県」誕生1872年「都城県庁」開庁



ただ、1873年1月15日 宮崎県誕生により、1年あまりで、都城県庁閉庁。




で、1924年に都城市になり、合併をしたりして、現在17万都市。





地元の人しか感じないかもしれないけど、ちょっとした不思議。


下のWikipediaの記載にこんな記載があります。「曽於市」というのは、鹿児島県。県を超えての合併編入ってあるんですね。鹿児島県人が宮崎県人になり、宮崎県人が鹿児島県人になったということなんでしょうかね。


  「2007年3月26日 - 鹿児島県曽於市財部町大字下財部字田平下の一部を当市に編入、代わって


  当市蓑原町の一部が曽於市に編入(平成19年3月26日総務省告示第159号)。




いろんな地域の歴史を調べてみると結構面白いかもしれませんね。




**********************************************


以下は、Wikipediaより抜粋


地理


宮崎市から西南西約50km、鹿児島市から東北東約90kmの宮崎県の南西端に位置する。市の北部から西部、南部にかけては鹿児島県に接しており、鹿児島と宮崎の中間地点にあたる主要都市である。薩摩藩領であったため鹿児島弁に極めて近い諸県弁を話すなど、鹿児島の文化を色濃く残している。広大な都城盆地の中にあり、都城盆地一帯の拠点都市である。市域中央をほぼ南北に大淀川が流れ、西は霧島山地、東は鰐塚山地に囲まれている。


都市計画区域全体で市街化区域と市街化調整区域の線引きを撤廃した唯一の都市でもあり、ゆったりとした町並みである。


歴史


平安時代末期の万寿3年(1026年)に大宰大監の平季基が日本最大の荘園である「島津荘」を開発、1185年にその総地頭職になった惟宗忠久が荘園の名前である「島津」を名乗り、島津氏の歴史がスタートする。


室町時代から島津家分家の北郷氏が治め、江戸時代も薩摩藩の私領(一族功臣の自治領)の1つとして北郷氏(都城島津氏)が引き続き治めた。


北郷氏の領地は4万石弱に及び私領の中でも広大であった・・・・(以下、省略)


戊辰戦争後の藩政改革で本藩直轄領となり、1869年から1871年の廃藩置県まで、本藩より都城地頭として三島通庸が派遣され近代改革の前哨的施策を行った。


1871年11月から1年余りは都城県の県庁所在地でもあった。


1871年11月 都城県誕生


  • 1872年2月18日 都城県庁開庁

  • 1873年1月15日 宮崎県誕生により都城県庁閉庁

  • 1889年5月1日 町村制施行により北諸県郡都城町、沖水村、五十市村、志和池村、庄内村、中郷村、山之口村、高城村、山田村、高崎村が発足

  • 1924年4月1日 都城町が市制施行

  • 2006年1月1日 都城市・山之口町・高城町・山田町・高崎町が合併(新設合併)し都城市になる

  • 2007年3月26日 - 鹿児島県曽於市財部町大字下財部字田平下の一部を当市に編入、代わって当市蓑原町の一部が曽於市に編入(平成19年3月26日総務省告示第159号)。


**********************************************



by Bobsuperbview | 2008-08-30 03:43 | 歴史・ドライブ | Comments(0)

080824の空

いい風景です。


ただそれだけですが、和みます。



c0368903_07460889.jpg



c0368903_07460898.jpg

c0368903_07460846.jpg



c0368903_07460809.jpg



by Bobsuperbview | 2008-08-26 23:28 | 日々徒然 | Comments(0)

080824坊津

本日の坊津は快晴でした。快晴で、湿気があまりない。もう、秋の訪れでしょうか。


最近お気に入りのユカタハタです。




本日、坊津で撮影

c0368903_07460933.jpg



本日、坊津で撮影




7月13日屋久島で撮影




続きは明日以降書きます。本日は、寝ます!


by Bobsuperbview | 2008-08-24 23:54 | ダイビング | Comments(0)

明日は・・・

海に行く予定。1か月ぶりです。


海はどんな感じかな?


楽しみだなぁ~!

c0368903_07460995.jpg



by Bobsuperbview | 2008-08-23 17:45 | 日々徒然 | Comments(2)

080803関之尾の滝


c0368903_07461031.jpg



関之尾の滝です。


マイナスイオンを味わうために、8月3日(日)に行ってきました。8月3日に日記として掲載をさせていただいていましたが、誤って、削除してしまったので、再度、掲載させいていただきます。




この関之尾の滝。日本の滝100選にも選ばれているそうです。




清涼感あふれていました。リフレッシュできました。不思議ですよね。自然の力とは。



この関之尾の滝、甌穴がきれいな滝として、世界有数だそうです。



c0368903_07461039.jpg

甌穴

c0368903_07461092.jpg

滝の入り口(滝つぼへ(1枚目)落ちるところ)


甌穴、調べてみました。


~Wikipediaより抜粋


河底や河岸の表面が硬い場合、表面に割れ目などの弱い部分があるとそこが水流による浸蝕のためにくぼみとなる。このくぼみの中に礫が入ると渦流によってその礫が回転し円形の穴に拡大する。穴の直径、深さとも数cmのものから数mのものまでその姿はさまざまである。底に磨耗した小石が残っているものもある。有名な甌穴として寝覚の床や長瀞渓谷(ながとろけいこく)の岩畳がある。


by Bobsuperbview | 2008-08-10 22:36 | 歴史・ドライブ | Comments(1)

ネット環境整う

やっと、つながりました。


で、第一弾!


先日、知り合いが甑島に行ってきたそうで、写真をもらいました。




「長目の浜」というそうです。今、大河ドラマ篤姫に頻繁に出てくる島津久光が絶賛したといわれる風景だそうです。「眺めの浜」ともいわれるそうです。



c0368903_07461004.jpg


絶景だろうな。実際に見に行ってみたいな。


ダイビングもできるそうなので、一度潜ってみたいな(ポイントがこの長目の浜付近かどうかわかりませんが。たぶん違うと思いますが)。




それにしても気持ち良さそうです。


by Bobsuperbview | 2008-08-10 22:21 | 日々徒然 | Comments(0)