<   2008年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

081125坊津(ギンポ)


ヒトスジギンポかな?先ほどまでは、すごい身を乗り出していたのに、こちらに気がついたのか、ちょっと控え目。


見つけると思わず撮ってしまいます。


ひょうきんです。


by Bobsuperbview | 2008-11-30 12:27 | ダイビング | Comments(0)

梅崎春生

1、2枚目は坊津。3枚目は桜島。

c0368903_07454001.jpg


c0368903_07454067.jpg


c0368903_07462971.jpg

梅崎春生は、戦前から昭和40年まで生きた福岡出身の作家である。「桜島」という小説が、有名だ。太平洋戦争末期、東大卒の暗号技術を持った通信兵(士官ではなく、下士官だったらしい)として、終戦の2,3か月前に坊津の通信基地に赴任し、そして、終戦の約1か月前に桜島の基地に転属になり、そのまま桜島で終戦を迎える。この間の軍隊での出来事を描いた小説だ。



1度だけ読んだような覚えがある。その時は、坊津には全く興味がなかった。坊津は、ダイビングによくいくところだ。
ふと、あることから、この小説を思い出した。
「桜島」。もう一度読んでみたくなった。すぐに手に入れたくなり、書店に向かったが、私の住む街の大きな書店にはなかった。


桜島という作品は、戦後、すぐに発表された作品だが、梅崎は、その後も、坊津を訪れている。



何かひきつけられるものがあったのだろう。もちろん、私もひきつけられている者の一人なのだが。



他の作品も読んでみたい。


by Bobsuperbview | 2008-11-30 01:35 | 歴史・ドライブ | Comments(0)

人の流れ

人の流れは、いろんなことを契機として変わります。


土日に車で走る道路が、今日は、いつもより混雑。


どうしてだろう?

先日、イオンモールがオープンしたようです。これに伴うバスのダイヤの改正なども手伝って、ますます、人の流れが変わる。ますます、古い商店街が地盤沈下・・・。


by Bobsuperbview | 2008-11-29 15:25 | 日々徒然 | Comments(0)

クロマグロ

朝日新聞の携帯サイトから配信がありました。
ただでさえ、高いのに・・・。いよいよ手が届かなくなりますね。ほほ肉、大トロのあぶり、中落ち・・・。美味い~。
以下、配信のあった解説を引用
 全長3メートルほどまで成長する、マグロ類では最も大型の魚。日本近海や大西洋にくらしています。本マグロとも呼ばれ、日本ではすしの材料としておなじみ。マグロ類では一番の高級品です。クロマグロの地中海など東大西洋での漁獲量(ぎょかくりょう)が2009年は初めの計画より2割減らされ、2万2000トンになります。42の加盟国・地域でつくる「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)」で決まりました。獲(と)りすぎで数が減ってきているとして、漁獲量はおさえられる傾向にあります。日本で消費するクロマグロの約6割は東大西洋産。今後、すし屋やスーパーなどで値上がりするかもしれません。
by Bobsuperbview | 2008-11-29 12:04 | 日々徒然 | Comments(0)

今日は晴れでぽかぽか陽気

朝晩は、かなり冷えるようになりました。
でも、今日の昼は、ぽかぽか暖かい日です。土日はこのような天気であってほしいものです。
あっ、チャンポン食ってきました。うまかったなぁ。
c0368903_07462964.jpg

by Bobsuperbview | 2008-11-29 11:58 | 日々徒然 | Comments(0)

政府専用機

政府専用機を使って、ペルーに行っていた麻生首相。



政府専用機について、調べてみた。


この政府専用機は、パイロット、CAともに、自衛官。しかも、2機一緒に飛んでいく。政府専用機の使用状況は、防衛省のHPに逐次アップされているようだ。



ニュースを見ていたりすると、首相が、昨日、アメリカにいるなぁと思ったら、もう、今日には国会で答弁しているという姿を見るのは、このようなものがあるからなのでしょうか。



以下は、首相官邸のHPの説明。


************************************************


政府は、総理などが外国訪問や国際会議に出席するときのために2機の政府専用機を持っています。機種は「ハイテクジャンボ」と呼ばれる「ボーイング747−400」で平成3(1991)年に導入されました。また、この政府専用機は、緊急時における在外邦人の輸送や国際緊急援助活動、国連平和協力活動などの際にも利用されることになっています。
 実際に運航を担当しているのは航空自衛隊千歳基地に所属する特別航空輸送隊です。つまり、スタッフはすべて自衛官であり、総理などの機内サービスを担当する客室乗務員も含め自衛官が務めています。
 また、運航する際には、2機の政府専用機が同時に飛び、整備担当の自衛官も同行し、万全の体制をとっています。
 特別仕様の機内には、総理の「執務室」や「事務室」、「会議室」などがあり、記者団も同行し、機内で記者会見が行われたりします。
 首脳外交に初めて使われたのは、平成5(1993)年4月に宮澤総理が米国を訪問した時でした。その年の9月には、天皇皇后両陛下がご訪欧の時に使用されました。
 首脳外交では、行く先々でびっしりと公式行事が予定されているため、政府専用機のスタッフは定時運航に気を使い、緊張の連続だといいます。
 過密な首脳外交の日程を支える裏には、政府専用機の活躍があります。


************************************************


by Bobsuperbview | 2008-11-28 07:00 | 日々徒然 | Comments(0)

081125坊津(その3)

坊津。日本の三大津。


江戸時代、薩摩の密貿易の地としても知られる。篤姫の時代も、密貿易がなされ、薩摩が力を蓄えたとも言われる。



その坊津の海中が面白い。


碇石(いかりいし)。


なんだか、一定の方向を向いているものが多く見受けられる。面白い。形は明らかに人為的なものだ。その名のとおり、その昔、碇(アンカー)として用いられていたようだ。あるポイントを潜ると、ところどころに落ちている。


どんな状況で、どんな船が、どのような目的で、どんな船乗りさんが、・・・・う~ん、考えだすときりがない。


大きな岩のまわりにも落ちている、アンカーとしてテンションがかかる位置に船を停泊させていたのだろうか。


おもしろい海だ。

c0368903_07463099.jpg



c0368903_07463076.jpg



c0368903_07463014.jpg


by Bobsuperbview | 2008-11-27 22:11 | ダイビング | Comments(0)

081125坊津(その2)

ダンダラダテハゼ


ちょっと、近づきすぎると、ピッと引っ込んでしまいました。

c0368903_07463056.jpg

c0368903_07463096.jpg



オトメハゼです。なんだか、たくさんいました。
c0368903_07463176.jpg



初めて見ました。クログチニザという魚。


by Bobsuperbview | 2008-11-27 22:03 | ダイビング | Comments(0)

081125坊津(その1)

今日は天気もよくぽかぽかでした。太陽の光は偉大です。


海況は、最初は荒れ荒れ。だんだん回復してきました。



カイダコの貝の抜け殻。


きれいですね。


とても珍しいものらしいです。

c0368903_07463160.jpg



c0368903_07463188.jpg



by Bobsuperbview | 2008-11-26 07:00 | ダイビング | Comments(0)

081125坊津

c0368903_07463124.jpg


急きょ、今日も行きました。
by Bobsuperbview | 2008-11-25 21:21 | ダイビング | Comments(2)