<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

田代安定誕生地。

田代安定さん。


この方、初めて知りました。ものすごいバイタリティーですね。いずれ、この方のこと調べてみたいと思います。面白そうです。



ところで、1枚目の写真にある「遊学」ということば。


遊学=故郷を離れ、よその土地や国へ行って勉学すること


遊説=意見や主張を説いて歩くこと。特に、政治家が各地を演説して回ること


外遊=外国に旅行すること。また、外国に留学すること


「遊」は、「あそぶ」ではなく「あそばす」なんですよね。


ついつい、なんで真面目に勉強しているのに、「あそぶ」なんだと・・・。


あっ、みなさん知ってますよね・・・。私は勉強不足でダメですね~(笑)。

c0368903_08052539.jpg


c0368903_08052551.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-29 22:43 | 鹿児島 | Comments(0)

村田新八誕生地。

村田新八誕生の地。鹿児島県立中央高校の一角にあります。


明治維新の立役者の一人です。


大久保利通に引き止められるも、自分の進むべき道を信頼する西郷隆盛に託した。


考えさせられる。

c0368903_08052653.jpg


c0368903_08052614.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-28 22:15 | 鹿児島 | Comments(0)

井上良馨誕生地。

あ~、風邪が治ったと思いきや~、今年はホントに、ろくなことがない↓↓↓。



ところで、写真は、井上良馨(いのうえよしか)の誕生の地。鹿児島県立中央高校の一角にあります。


明治時代の軍人。NHKドラマ坂の上の雲も完結の3年目に入りますね。坂の上の雲に出てくる秋山真之と同じ海軍。階級の差こそあれ、お互いを知っていたのでしょうか?わかりませんね。


写真の説明書きによると、19歳で薩英戦争に参加し、沖小島砲台に配置されたとのこと。沖小島というと、桜島でダイビングする際のダイビングポイントの1つです。沖小島に砲台が設置されていたとは知らなかった↓。

c0368903_08052684.jpg

c0368903_08052701.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-27 11:59 | 鹿児島 | Comments(0)

JAL機が離陸。

風邪にやられていました。


みなさん、風邪にご注意ください。


11月23日宮崎空港付近で撮影。

c0368903_08052795.jpg

c0368903_08052835.jpg

c0368903_08052863.jpg

c0368903_08052817.jpg

c0368903_08052872.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-26 11:36 | 空・雲・飛行機・船 | Comments(0)

四方学舎の跡。

この碑は、鹿児島市立病院の一角にあります。


学舎は、戦国時代から続く「郷中」という教育システムを受け継ぐものらしいです。


昭和44年までこの地にあったんですね。戦国時代~明治~昭和44年、なんだか最近まであったんだなという感じです。移転した南洲神社では、まだ続いているのだろうか・・・。


ひょっとしたら、地区ごとにあって小学生などが加入する「愛護会」は、この郷中の現代版なんだろうか・・・。違うかな?・・・。違うんでしょうね。

c0368903_08052907.jpg



c0368903_08052952.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-26 07:29 | 鹿児島 | Comments(0)

20111123宮崎空港(ANA機)。

本日の宮崎空港。


離陸するANA機です。

c0368903_08053090.jpg

c0368903_08053018.jpg

c0368903_08053054.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-23 21:18 | 空・雲・飛行機・船 | Comments(0)

製綿紡績所跡。

鹿児島市にある史跡の写真を少しずつアップしていきます。


そのトップバッターは、製綿紡績所跡です。薩摩藩は進んでいたんですね。



鹿児島市のHPより抜粋


「薩摩藩では、藩船の帆布は大阪から買い入れていましたが、外国のものに比べ品質が悪く値段も高くついていました。島津家第二十八代藩主斉彬は将来日本の綿布は外国製のものにたち打ちできないと考えて、自国で良質の綿布を生産することを決め、一八五五(安政二)年、中村に足ぶみ機械四台をすえつけた紡績所をつくり、今の鶴ヶ崎一帯で栽培した原料を使い、農家の子女に木綿を織らせました。
中村紡績所は、一八五七(安政四)年に田上村と永吉村に水力を利用した本格的な紡績所ができるまでの二年間操業しました。現在日本の機械紡績工場のもとをつくった紡績所といわれ、国道二二五号線沿いに記念碑が立っています。


(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック−四訂版−」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)」

c0368903_08053097.jpg


c0368903_08053106.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-23 11:23 | 鹿児島 | Comments(0)

高速道路での疑問。

突然の不思議ネタですいません(笑)。


いつも思うのですが、高速道路のPAやSAにある写真のコレは何に使うものなのでしょうかね。


私にとって不思議な存在です。

c0368903_08053117.jpg


c0368903_08053179.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-22 22:59 | 歴史・ドライブ | Comments(0)

上空1500mの風。

写真は、桜島が爆発して、噴煙が大隅半島方面に流れています。


鹿児島ローカルの天気予報は、桜島や新燃岳の上空1500mの風の向き・・・、南西に向かって伸びる長い南西諸島の島々の天気・・・。


その地方地方の天気予報って、それぞれ特色があって面白いですよね。


旅行や出張で行った時についつい見てしまいます。


(写真は本日の撮影のものではありません)

c0368903_08053259.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-22 17:48 | 桜島 | Comments(0)

いろんな表情を見せる桜島。

その日の天気、雲、空の色などの違いによって、いろんな表情を見せる桜島。


昨日のエントリーに掲載した写真のような姿、表情を見せることもあります。


また、今日のエントリーに掲載した写真のような姿、表情を見せることもあります。


いずれも美しい姿です。


噴煙上げてたりすると、


「わが胸の燃ゆる思いにくらぶれば、煙はうすし桜島山」(平野国臣)


なんて句が浮かんでしまうんでしょうね。


灰が降るのは嫌ですけどね。


c0368903_08053292.jpg


c0368903_08053276.jpg


by Bobsuperbview | 2011-11-20 22:26 | 桜島 | Comments(0)