人気ブログランキング |

紫尾神社。
本殿。
この下が源泉です。
c0368903_16330797.jpg
こちらにも龍の手水舎がありました。
宮之城の湯田八幡神社にも龍がありましたね
(最後に記事リンクを貼り付けております)。
素晴らしい芸術品でもあります。
c0368903_16334271.jpg
2018冬撮影@鹿児島さつま町紫尾。
EOS KISS X3

※龍の手水舎はこちらにも。。。





第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-10 12:34 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

紫尾神社。
先日ご紹介させていただた紫尾温泉の源泉があるところです。
その歴史は1500年に及ぶとされ、
島津氏からも厚い保護を受けていたとされているようです。
写真は3枚。
c0368903_16312134.jpg
c0368903_16315999.jpg
鳥居は、明治32年(1899年)に奉納されたようです。
日清戦争が明治28年に終わり、
日露戦争が明治37年に始まるという
ちょうど間の時期ですね。

c0368903_16323380.jpg
2018冬撮影@鹿児島さつま町紫尾。
EOS KISS X3




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-09 12:34 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

重来神社。
階段はところどころ、セメントで補修されているものの、
古い階段ですので、上り下りには注意が必要です。
写真は3枚。
c0368903_16163434.jpg
本殿へ。
並んでいる燈籠は、江戸時代末期のものが
ほとんどでした。

c0368903_16212536.jpg
境内の静けさと、この苔の具合が
なんとも言えない雰囲気をかもし出していました。

c0368903_16215335.jpg
2018冬撮影@鹿児島入来。
EOS KISS X3


第2回プラチナブロガーコンテスト


by Bobsuperbview | 2018-01-08 12:34 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

大正元年創業山元酒造(鹿児島県薩摩川内)の焼酎。
薩摩川内市へとつながる道では時折見かけます。
地域色といったところでしょうか。
寒いのでお湯割りかな。
おやすみなさい。
c0368903_15112001.jpg
2017冬撮影@鹿児島小山田付近。
EOS KISS X3




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-07 20:20 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

重来(シゲキ)神社。
鹿児島の入来(イリキ)町にひっそりとあります。
入来院(イリキイン)重時公が祭られています。
ネットを見ていると、
入来院氏は、鎌倉時代にその祖があり、
このあたりの地頭職を務めていた。
島津氏とは争いや和解を繰り返し、
秀吉の時代から江戸時代に入るころには、
島津家から養子を迎えるなど血縁を深めていったようです。
入来の町は、武家屋敷群も残っており、
島津氏としては、「麓」(ふもと)として
重要な拠点だったのではないかと思われます。
c0368903_16144672.jpg
c0368903_16153227.jpg
c0368903_16223966.jpg
2018冬撮影@鹿児島入来。
EOS KISS X3

※「麓」については、興味があり、以前も記事を書かせていただいておりました。






第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-07 12:34 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

R328をしばらく外れ、紫尾温泉へ。
硫黄の香り漂う単純硫黄泉。
温泉入口付近で
写真を何枚も撮るのは
気がひけたので1枚。
硫黄の香りとともに、ヌルヌルとした感触の
とても気持ちのいい湯でした。
c0368903_13505247.jpg
2018冬撮影@鹿児島さつま町。
Android

※この紫尾温泉の源泉は、裏にある紫尾神社の本殿の下だそうです。
紫尾神社については、また、後日、ご紹介させていただきます。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-04 07:07 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

R328をゆく(1)(虎居町)。

国道3号線から国道328号線に入り、
入来峠を越え、
さつま町の宮之城エリアに入ると
おもしろい地名が目に入ってきました。
「虎居町」。
どうも、地名は、昔、虎居城というお城が
この付近を流れる川内川の蛇行する地点にあり
(虎居城は川内川を堀に利用する天然の要害)、
その地形が、虎が臥している姿に見えたことから、
虎居町になったそうです。
c0368903_09473141.jpg
2018冬撮影@鹿児島宮之城。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-03 12:34 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

引き継き、湯田八幡神社(鹿児島宮之城)。
廃仏毀釈による仁王像の姿には心を痛めましたが、
一番気になったのは、こちら。
手水舎が龍の形をしているのを
初めてお見かけしました。
かなり立派なものですね。
また調べてみたいと思います。
c0368903_15105798.jpg
本殿。

c0368903_15102442.jpg
c0368903_15063517.jpg
2017冬撮影@鹿児島宮之城。
EOS KISS X3

国道328号線。
何やら興味深い。。。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-02 20:20 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)

鹿児島県は宮之城(さつま町)にある
湯田八幡神社。
立派な仁王像です。
写真は4枚。
c0368903_15071697.jpg
立派な仁王像ですが、
腕が毀されています。
これは明治初期にあった廃仏毀釈の仕業かと。
薩摩藩(鹿児島)は廃仏毀釈が最も激しく
実施された地域だと言われています。
(廃仏毀釈については記事の一番最後へ)
左に阿形。
c0368903_15085853.jpg
右に吽形。
c0368903_15093517.jpg
阿形の横姿。
首元の膨らみが気になります。
c0368903_15100082.jpg
2017冬撮影@鹿児島宮之城。
EOS KISS X3

※廃仏毀釈についての本ブログでの記事はこちらです。

※廃仏毀釈について日経ビジネスに記事がございましたので、
リンクを張らせていただきました。





第2回プラチナブロガーコンテスト



by Bobsuperbview | 2018-01-02 15:15 | 鹿児島 | Trackback | Comments(0)